【本】読了。東野圭吾『ダイイング・アイ』(ネタバレなし)

本ページはプロモーションが含まれています

官能的だった。

そしてサイコだった。

 

以前、東野圭吾氏の描く女性は透明で儚い、と言ったことがあったように記憶している。

本書に出てくる女性は、それとは対極的である。

 

猫を思わせる、その描写は圧倒されるものがあった。

 

ストーリーも複雑怪奇であり、不可解でもあった。

先を読むことがまったく出来ず、ただひたすらにページを捲った。

 

途中、自分自身推理を働かせたが、結論は全く異なっていた。

こうも官能的な文章まで描けるのか・・・とただただ東野圭吾氏の描写力には脱帽である。

かなり引き込まれる作品であった。

これまで読んだ東野圭吾氏の作品とは色付けが少し違ったように感じる。

 

2007年の作品とあるが、現在見ても全く色褪せず、むしろそれはネオンのように光り輝いて見える。

推理と言うよりは・・・ホラーに近いかもしれない。

読んだあとに不思議な後味が残った。

 

人を狂わせるもの。それは、何か。

 

created by Rinker
¥733 (2024/04/21 09:02:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブログランキングに参加しています!読んだよ、の合図に下のボタンをクリック(⁎ᴗ͈ˬᴗ͈⁎)⏬⏬

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
全般ランキング
全般ランキング

 

 

書籍・CD

Posted by bear-tan