【本】読了。東野圭吾『マスカレード・イブ』【読書感想文】(ネタバレなし)

本ページはプロモーションが含まれています。

【本】読了。東野圭吾『マスカレード・ホテル』(ネタバレなし)【読書感想文】

こちらの本の続編になるかな。

 

今回は短編集のような形式になっていて、『マスカレード・ホテル』のアナザーストーリーである。

created by Rinker
¥660 (2024/07/20 14:59:31時点 楽天市場調べ-詳細)

今回も非常に読み応えのあるストーリーだった。

東野圭吾氏は長編も実に面白いが、短編でも中にストーリーを凝縮することができるのが素晴らしい。

前作のマスカレード・ホテルより、もっと踏み入った新田刑事と山岸を見ることができる。

 

ホテルという場所は、特殊な場所である。

細かい描写で、そのいかに特殊であるかも描かれていて気持ちいい。

フロントクラークのような仕事は私が憧れる職業でもある。

だが、本書に出てくる山岸のように気が利くというか、そうした配慮は私にはできないだろう。

ホテルを訪れるのは面々、変わり者も多いことがわかる。

人が集まればそれだけドラマが集まるわけで、まぁ、事件というものも起こるのかもしれない。

今回の事件も一見難解なものが多かった。

私はあまり頭が良くないので、謎解きをしながら読むということが少ない。

だから、事件の真相がわかるとものすごい驚きがある。

本来謎解きをしながら読むのがセオリーなのだろうが、割とリラックスして読んでいるので、頭を使うことが少ない。

それでも東野圭吾氏は、まるで映像のように鮮明に文章を紡ぎ出し、臨場感を味あわせてくれる。

 

今回の本は新田刑事の眼力の鋭さというより、山岸の観察眼のすごさが際立っていたように思う。

ホテルマンとは、ここまで人について考えるのか、とただただ感心させられる。

 

前作に後付で描かれた本だと思うのだが、理合性が高く、隙がない。

もしかしたら先に本作があって、それからマスカレード・ホテルを描いたのか?と思わせるほどである。

東野圭吾氏の脳内はどうなっているのか、今日もまた考えてしまうのである。

 

ブログランキングに参加しています!読んだよ、の合図に下のボタンをクリック(⁎ᴗ͈ˬᴗ͈⁎)⏬⏬

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
全般ランキング
全般ランキング

書籍・CD

Posted by bear-tan